兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故から4月25日で16年です。

新型コロナウイルスの影響で追悼慰霊式は2年連続の中止となりました。

 2005年4月25日、JR福知山線の快速電車がカーブを曲がり切れず、マンションに衝突。

乗客ら107人が死亡、562人が負傷しました。

 JR西日本は毎年追悼慰霊式を行ってきましたが、関西の3府県に緊急事態宣言が発表されたため、今年も去年に続き中止に。

JR西日本の関係者と遺族らだけで献花が行われました。

 (事故で次男を亡くした上田弘志さん)  「あっという間の16年。JRの16年はどういうふうな16年だったのかなと」  遺族の中には「新型コロナウイルスが怖いから」と、現場の方に来ることができなかった人もいます。

遺族らの悲しみが癒えることはありません。