法務省入国管理局の、滞在ビザを持たない外国人を収容する施設で自殺者が出た。

そこでは暴力やひどい待遇が以前から問題になっていて、自殺未遂も多いという。

その実態をリポートする。

集団暴力、無期限の拘束etc. 10年で12人が自殺・病死の現実  4月13日、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)に収容されていたインド人男性ディパク・クマルさんが自殺した。

同センターでは5月にも、 日系ブラジル人とカメルーン人、トルコ籍クルド人が自殺を図るなど、自殺や自殺未遂が相次いでいる。

入国管理局(入管)は法務省の部局の一つで、出入国審査などのほか、滞在ビザのない外国人を収容施設に拘束することも業務とする。

その収容中の外国人の扱いのひどさが、国内外の人権団体や国連からも問題視されているのだ。

 市民団体「SYI(収容者友人有志一同)」のメンバーで、入管事情に詳しい織田朝日さんは、「収容されている外国人への入管職員による暴力がひどい」と語る。

「先日、大阪入管に収容されているトルコ人が『入管職員たちに腕を折られた』と提訴しました。入管では、少しでも被収容者が反抗的な言動をすると大勢の職員が飛びかかり、 何人もの体重をかけて床に押さえつける『制圧』が頻繁に行われています。腕を折られないまでも、アザだらけにされる被収容者は少なくありません」 暴行、医療放置……被収容者への非道な虐待  文字どおりの「暴行」を受けることもある。

「入管で暴力を受けた」という中国人の男性は、記者にこう証言する。

「昨年5月、品川の東京入管で被収容者たちが抗議のハンガーストライキをしていた頃のことです。 共用スペースから雑居房に戻ることを拒み、座り込みをした私たちに対し、大勢の入管職員が硬いブーツを履いた足で、何度も激しく蹴りつけてきたのです。 あれ以来、片目の視力がほとんどなくなってしまいました……」  織田さんは「医療を受けさせないことも深刻」と話す。

「東京入管に収容されていたトルコ籍クルド人が、盲腸の手術の後に腹痛を訴えていました。 ところが、その人は1か月もの間放置され、手術痕からは黒い膿が出ていました。 耐えきれずに本人が救急車を呼んだら、東京入管は救急車を追い返したのです。 最終的には病院に行けたのですが『あと一歩遅れたら命を落としていた』と医師に言われたそうです」  実際に手遅れとなってしまったケースもある。

今年3月23日、山本太郎参議院議員は入管での死亡事件を内閣委員会で取り上げた。

「’17年3月、収容されていたベトナム人がくも膜下出血で死亡した事案、当初から頭痛などを訴えていた。 収容から2日後、口から血を吐き、泡を噴き、失禁。(中略)ほかの被収容者によると、『痛い、痛い』と叫ぶN氏に、見回りの職員はそのたびに『静かにしろ』と言うだけ。 被収容者の方々は眠れなくなるほどずっとN氏の叫び声を聞いていたそうです。 センターの担当職員は、N氏による激痛の訴えを“うそ病気”、すなわち詐病だと被収容者たちに説明していた」  Nさんは、体調異変から1週間も放置され死亡したのだという。

山本議員はスリランカ人やロヒンギャ難民、カメルーン人が医療を受けられず入管収容施設で死亡した事例も取り上げ、 「これもう人間じゃなくて鬼ですよ。はっきり言って」と批判した。

全国の入管施設では、ここ10年で自殺・病死が12人。

自殺未遂はさらに頻繁に起きている。

(中略) 入管が収容を行う法律上の理由は、強制送還されるまでの逃亡を防ぐためだ。

だが「自国に戻されれば、迫害される恐れがある」「家族(子供など)が日本にいる」など、やむにやまれぬ事情で帰国できない人々が多い。

「そうした個別事情が十分配慮されず、長期収容が入管の裁量のみで行われている」と、入管問題に詳しい児玉晃一弁護士は指摘する。

「刑期が法律で定められた一般の犯罪と異なり、『在留資格がない』とされた外国人の収容は無期限です。 入管による収容が妥当かどうかの判断には、第三者機関が関与していない。 さらには、仮放免が却下されても本人や弁護士に理由が開示されないため、何が問題なのかがわからない。 私が視察したイギリスでは、仮放免にあたる保釈審査は入管ではなく『難民移民審判所』が行い、そこでのやり取りは被収容者もビデオを通じて確認できます。 保釈の可否も、申請から1~3か月かかる日本と異なり、3~6日ほどで結果が出るなど、非常に迅速です」