4/25(日) 10:49 デイリースポーツ テリー伊藤 RADWIMPS野田の「聞く気になれねぇ」に「正論だが…」  テリー伊藤  テリー伊藤が25日、TBS系「サンデー・ジャポン」にリモート出演。

ロックバンドのRADWIMPS・野田洋次郎による政府への意見について「正論」としながらも「悔しけれど耐えるしかない」と、新型コロナに対する自粛の必要性を呼びかけた。

 番組では、政府の3度目の緊急事態宣言によるイベント中止、延期について論議。

野田が23日に「ここ1年間の考察や反省や説明が何もない状態で3回目の緊急事態宣言なんて聞く気になれねぇ」とツイッターに投稿したことを取り上げた。

テリーは「彼の言ってることは正論。だけど彼の言ってることをあまり信じちゃうと、本当に聞く耳を持たなくなる。悔しいけれど耐えるしかない」と感染対策を説いた。

 野田はツイッターで「学生たち スポーツ選手たち 新社会人たちの濃密で切実な一年以上の時間は帰ってこない やれることをやった果ての緊急事態宣言なのか疑問」などと、コロナ禍で耐え続けた若い世代の1年を憂えている。

 テリーは「彼は『正解が分からない』とも書いているが、正解はある。感染しないようにそれぞれが努力すること。それが一番大切で、多分野田さんの言ってることはみんな思っている。でも僕らがここで言っちゃったらみんなそうする」と訴えた。

MCの黒柳徹子の爆笑問題・太田光が「野田君は反論だけじゃなく、若い人にもう少し頑張ろうというメッセージも込めている」と、野田が「共に考え前へ進んできたいと強く思います」とつづっていることも補足。

テリーは「もちろんそうだが、そう捉えない人もいる」と話した。