福岡市は、2022年度(令和4年度)福岡市立学校教員採用候補者選考試験から、筆記試験や面接を課さない新たな採用試験制度を導入する。

九州大学など、近隣15校の国公私立大学と連携して、教育実習評価と大学推薦のみで採否を決定する。

従来の教員採用試験では第1次試験として教養や専門教科などの筆記、第2次試験として面接や模擬授業などを課していたが、 2022年度から導入する提携大学の学生を対象とした特別選考では、これらの試験をすべて免除。

教育実習評価と大学推薦のみで、学生の採否を判断する。

2021.4.19 Mon 11:50