「全然変わってなくてびっくり」 石田ゆり子&一色紗英、“20年ぶりの再会”ショットが年齢不詳な美しさ 4/24(土) 19:31 ねとらぼ 自然体な笑顔(画像は石田ゆり子Instagramから)  俳優の石田ゆり子さんが4月24日にInstagramを更新。

同じく俳優の一色紗英さんと20年ぶりに再会したという2ショット写真を公開しており、ファンからは「石田さんも一色さんも変わらないですね」「仲良し姉妹みたいでほっこりします」など反響が寄せられています。

 1992年放送のフジテレビ系ドラマ「君のためにできること」で共演した2人。

石田さんは、「20年以上ぶりに会った紗英ちゃんは出会った時のまんまの透明感と健やかさを備えていて」と20代前半だった当時と全く変わらない一色さんに感動を覚えたそうで、「素敵な大人の女性になった彼女に会って、わたしはなんだかとっても幸せでした」と胸いっぱいの思いをつづっています。

 石田さんはこの日、1999年に一色さんがディレクターとして立ち上げたファッションブランド「archi(アーキ)」の展示会に足を運んだもよう。

同投稿には、「アーキの今年の秋冬の服たちを取っ替え引っ替えきては、ジブリ感! と盛り上がる私たちです」と自然な笑顔にあふれた2ショットを多く添えており、20年という空白期間がウソのように仲睦まじい姿を見せていました。

 ファンからは、「可愛い過ぎるおふたりさん」「おふたりの空気感がほんとに素敵です」「素敵なお写真見れて凄く幸せです」など癒やし効果抜群の2ショットに反響が寄せられた他、「二人とも全然変わってなくてびっくりしました」 (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。