お前らの 「直感」「第六感」は、まったく根拠がないにかかわらず、お前らの判断に影響を与える瞬間があります。

そして、しばしば大きな思い込みとして却下していますが、この「第六感」は科学的に証明できるかもしれません。

ニューサウスウェールズ大学の心理学者で神経科学者のジョエル・ピアソン博士は語る。

直感は古代の概念であり、お前らのほとんどはお前らの生活の中でそれをよく知っています。

それはお前らが時々感じる感覚です。

特定の決定に対する突然の不思議な衝動の形で現れることが多い一種の第6の感覚です。

私はこの人を信頼できます。

あの暗い路地を歩いてはいけません。

しかし、ピアソン博士の経験はこれ不思議に思った。

ほとんどの人が直感を受け入れるという事実にもかかわらず、その存在を裏付ける科学的証拠はほとんどありませんでした。

現象が単なる無形の感覚ではなかったとしたらどうでしょう。

「霊感ではなく、ニュータイプでも、スピリチュアルな感情でも、小宇宙を燃やしているワケでもありません。」 実際、それが科学的に証明可能な事実だったとしたらどうでしょうか。

UNSWのFutureMinds Labが2016年に調査を実施して彼らが定義した直感は、 「合理的で分析的な思考や推論なしに成功する決定を下す能力」です。

そうすることで、彼らはそのような情報を科学的に測定する方法を開拓しました。

中略 ピアソン博士の実験は、直感の2つの重要な特性を定義するのに役立ちます。

それは、迅速であることと、物理的であるということです。

これは、直感的な判断には、扁桃体や他の大脳辺縁系、つまり私たちの脳の古代の瞬間的な逃走または闘争システムでの処理が含まれるためです。

直感の別名が「第六感」であることは偶然ではありません。

直感的な実験では、被験者は感情的な画像を提示されたときに皮膚伝導性の増加(彼らが発汗している量の尺度)を示しました。

以下略 解説:ピアソン博士は直感を定義し、その使用法を提示しています。

・直感は過去の経験に基づく一般化であり、将来の間違いのない占いではありません。

・ お前らが専門知識と経験を持っている状況でのみお前らの直感を使用してください。

・ 感情が昂ぶっている瞬間には直感を使わないでください。

・ 確率の低いイベントを予測するために直感に頼らないでください。

・ 生存本能や欲求の衝動を直感と間違えないでください ・ 新しい環境では、直感を信用しないでください。

gooqle翻訳一部割愛 全文はリンク先へ 直感の別名が「第六感」であることは偶然ではありません。

すぐに気分が悪くなったり、心拍数が上がったり、汗をかいたりしますが、ララァが導いてくれるワケではありません。