<巨人-広島>◇24日◇東京ドーム 広島鈴木誠也外野手(26)が、2戦連発となる逆転の6号2ランを放ち、史上177人目の通算150号を達成した。

1点を追う5回無死一塁から、戸郷のど真ん中146キロ直球を強振。

打球は高々と舞い上がり、カープファンの待つ左翼席上段に着弾した。

鈴木誠は「(高橋)昂也が頑張って投げているので、逆転につながるホームランになって良かったです」とコメントした。

鈴木誠は26歳8カ月で150発に到達し、広島では96年に江藤が記録した26歳2カ月に次いで2番目の年少記録となった。

主砲のメモリアル弾で、チームでは42イニングぶりとなる1イニング複数得点を記録した。

4/24(土) 15:51 試合スコア
youtube -qdGGURKtZ8