【ブルージェイズ5-3レイズ】@トロピカーナ・フィールド  ブルージェイズは1回表二死から打線がつながり、防御率0.73のレイズ先発タイラー・グラスナウから4点を先制。

先発のスティーブン・マッツが5回裏にランディ・アロザレーナに3号3ランを浴び、1点差に詰め寄られたものの、6回表にランドール・グリチックの3号ソロでリードを広げ、5対3で逃げ切った。

マッツは5回3失点で開幕から無傷の4連勝。

グラスナウはメジャー史上2人目の「1イニング4奪三振&4失点」という珍記録を作った。

 1回表のブルージェイズは2者連続三振で二死となったあと、ブラディミール・ゲレーロJr.がヒットで出塁し、ラウディ・テレズのタイムリー二塁打で先制。

グリチックが四球でつなぎ、マーカス・セミエンがセンター左へ5号3ランを叩き込んだ。

このあと、ジョー・パニックのヒットとルルデス・グリエルJr.の振り逃げで二死1・2塁となったが、ダニー・ジャンセンが三振に倒れて追加点はならず。

グラスナウは1902年のドク・ホワイト(フィリーズ)以来となる「1イニング4奪三振&4失点」を記録した。

 2点リードとなった6回以降はタイラー・チャットウッド、デービッド・フェルプス、ティム・メイザ、ラファエル・ドリスと4人のリリーバーが無安打無失点リレーを展開。

5対3でレイズを破り、3連戦の初戦を制した。

レイズの筒香嘉智は9回裏の先頭打者ウィリー・アダメスの代打として登場。

ドリスの前にサードゴロに倒れ、1打数ノーヒットで今季の打率は.170となった。

4/24(土) 12:36配信 試合スコア