EU(ヨーロッパ連合)の規制当局は、アストラゼネカの新型コロナワクチンについて年齢が上がるほど効果があると発表しました。

ヨーロッパ医薬品庁は23日、アストラゼネカのワクチンについて新たな分析結果を公表しました。

新型コロナウイルスによる入院、集中治療室での治療、死亡を予防できた割合を調べたところ、 接種を受けた人の年齢が上がるほど予防効果が高くなることが示されたということです。

この調査は接種後に血栓の副反応が確認されたことを受けて実施されました。

血栓の発症は10万人に1人と推定され、すべての年齢層でワクチンの効果はリスクを上回るとしています。