映画興行の関係者によると、ゴールデンウイークは本来、夏休み、年末年始に次ぐ映画館の繁忙期だが、シネコン(複合映画館)チェーン各社は、座席券の事前販売や上映予定の告知を中止。

担当者は「昨年に続いてゴールデンウイークに重なるのは本当に痛い」とため息をついた。

 映画大手の東宝は、29日の予定だったスタジオジブリの新作アニメ「アーヤと魔女」の公開を延期すると発表。

ほかの作品でも公開延期の動きがある。

 東京都交響楽団は25、26日と5月10日にサントリーホールなど都内で開催予定だった公演を中止した。

 吉本興業は、該当する地域にある常設の9劇場と1拠点で開催予定だった公演を中止や延期、または無観客での有料オンライン配信に変更すると発表した。

 対応を検討中の東京宝塚劇場では電話の問い合わせが相次いだが、担当者は「25日以降の予定は、決まり次第公式ホームページに掲載するとしか説明できなかった」と困惑していた。

2021.4.23 23:49エンタメ