名古屋市は市内の高齢者を対象に予約の受け付けを始めた新型コロナウイルスのワクチンの集団接種について、 コールセンターに予約の電話が殺到し現在もつながりにくい状態が続いているとして、 市民に謝罪するとともにインターネットを通じた予約を呼びかけています。

名古屋市は、高齢者を対象にしたワクチン接種のクーポンについて 今月19日に75歳以上のおよそ32万人に発送したのに続いて、 22日、65歳から74歳までのおよそ27万人に発送し、集団接種の受け付けを始めました。

しかしコールセンターに電話が殺到していて現在もつながりにくい状態がつづいているということです。

また、予約方法がわからない人などがきのう以降、各区の区役所に詰めかけていて、 多いところでは、きょう1日に200人ほどが訪れたということです。

名古屋市では、電話がつながりにくい状況がしばらく続く見込みだとして、 インターネットを通じた予約方法のマニュアルも市のホームページに掲載し、インターネットでの予約を呼びかけています。

また区役所では予約を受け付けていないので、直接、訪れることは密を避けるためひかえて欲しいとしています。

名古屋市は「電話がつながりにくくご迷惑をおかけしていることをおわびします。なるべくインターネットの予約を活用してほしい」と話しています。