菅義偉首相は23日の記者会見で、新型コロナウイルス禍の中で東京五輪・パラリンピックを開催する判断基準に関し「国民の命を守るのは当然、私どもの役割だ。そこはしっかりやりながら、五輪も対応したい」と述べた。

首相が官邸で行った10回目の会見で初めて指名された本紙が「国民の命を守ることより、五輪開催が優先されていないか。開催を判断する具体的な基準を示すべきだ」と質問したのに答えた。

明確な基準は示さなかった。

 首相は、東京五輪開催の判断は国際オリンピック委員会(IOC)に権限があるとした上で「IOCが開催を既に決定している」と開催方針に変わりはないと強調。

「政府としては、東京都、組織委員会、IOCと連携をとって、安全安心の大会にすることができるよう対策を講じたい」と語った。

東京新聞 2021年04月23日 21時01分