政府は23日夕、首相官邸で新型コロナウイルス対策本部会合を開き、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県を対象に、緊急事態宣言を発令すると正式決定した。

期間は25日から5月11日までで、宣言発令は2020年4月、21年1月に続き3回目。

【図で詳しく】緊急事態宣言とまん延防止措置の違い  4都府県では、酒類やカラオケ設備を提供する飲食店に休業要請し、それ以外の飲食店には午後8時までの営業時間短縮を求める。

床面積が合計1000平方メートル超の大型商業施設には休業を要請する。

大規模イベントは原則無観客での開催を求める。

 また、同じ期間、まん延防止等重点措置の適用対象に愛媛県を追加し、既に適用中の宮城、沖縄両県は期限を5月5日から11日に延長する  4/23(金) 18:52 毎日新聞