東京・墨田区の病院で、増築の工事中に床が抜けた事故で、意識不明の重体だった作業員の40代男性が死亡しました。

 警視庁などによりますと、23日午後2時すぎ、墨田区横網の「同愛記念病院」で、新しい病棟の建設作業が行われていたところ、突然床が抜けました。

 建物の骨組みをつくる作業をしていた40代男性が6階部分から約4メートル下に落下し、鉄筋などの下敷きになりました。

 男性は心肺停止のまま墨田区内の別の病院に搬送されましたが、午後4時前に死亡が確認されたということです。

 他にけが人はいませんでした。

 警視庁は当時の状況や床が抜けた原因などについて病院や工事関係者から話を聞いて調べることにしています。

テレビ朝日