NHK(04月23日 07時49分) 旭川市で先月、中学2年の女子生徒が死亡して見つかったことをめぐり、市は、過去の学校の調査ではいじめを確認できなかったとする一方、一部報道と隔たりがあるとして、学校の対応が適切だったかどうかも含め事実関係を調べる方針です。

旭川市の中学2年だった女子生徒はことし2月、自殺をほのめかして自宅を出たまま行方不明となり、先月になって公園で死亡しているのが見つかりました。

この生徒が以前、上級生などからいじめを受けていたという一部報道を受けて、旭川市は22日、いじめがなかったか第三者を交えて調査を進めることを明らかにしました。

市によりますと、過去の学校の調査ではいじめは確認できなかったということですが、報道された内容と隔たりがあるとして、学校の対応が適切だったかどうかも含め今後、事実関係を調べる方針です。

市は、近く、専門家をメンバーにした委員会で具体的な調査方法などを協議するとしています。