読売新聞 4/22(木) 18:20  【ジュネーブ=杉野謙太郎】国際オリンピック委員会(IOC)は22日、体を動かしながら対戦型ゲームで競う「バーチャル(仮想)スポーツ」や「eスポーツ」の大会「オリンピック・バーチャル・シリーズ(OVS)」を5月13日~6月23日に開催すると発表した。

IOCのバーチャルスポーツへの参入は初めて。

 五輪で新たな観客を獲得するのが主な狙いで、野球、自転車、ボート、セーリング、モータースポーツの五つを実施する。

野球は「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」を使用するという。

トーマス・バッハ会長は「特に若者世代に焦点を合わせながら、五輪の価値の普及とスポーツへの参加を促すだろう」との談話を出した。