東京都下水道局は22日、今年1月に接待を伴う飲食店で泥酔した上、店員を殴るなどしたとして、 同局の男性主事(25)を停職1日の懲戒処分とした。

主事は店に行く前に同僚3人と路上で飲酒していたといい、同局は「非常に不適切だ」として3人にも口頭注意を行った。

発表によると、主事らは1月5日、業務終了後に缶ビールや缶酎ハイなどをコンビニ店で購入し、路上で5時間ほど飲酒。

その後、主事は1人で接待を伴う飲食店に入り、店員を殴るなどした。

主事は暴行容疑で書類送検されたが、3月に不起訴となったという。

この日、都内では新型コロナウイルスの新規感染者が1315人に上り、2日後には緊急事態宣言が発令された。

同局の聞き取りに対し、主事は「年明けで気分が高揚してしまった」などと話している。