ミランは22日、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチとの契約延長を発表した。

 イブラヒモヴィッチは今年6月30日にミランとの契約が満了となる状態だったが、新たに1年間の契約にサイン。

クラブは「スウェーデンのチャンピオンは来シーズンもロッソネリ(ミランの愛称)のユニフォームを着用します」とコメントし、来シーズンには40歳になるベテランストライカーとの契約延長を伝えた。

 現在39歳のイブラヒモヴィッチは、昨年1月に7年半ぶりのミラン復帰を果たし、半シーズンでセリエA18試合に出場し、10ゴールをマーク。

チームを11位から6位に引き上げて、ヨーロッパリーグ出場にも貢献した。

 今シーズンは新型コロナウイルス感染やケガの影響がありながらも、公式戦25試合に出場して17ゴールを記録する活躍でチームをけん引。

3月には5年ぶりとなるスウェーデン代表復帰も果たした。

4/23(金) 4:59配信 得点ランキング