中国大使投宿のホテルで爆発、4人死亡 パキスタン 画像 【4月22日 AFP】パキスタン当局は21日夜、南西部バルチスタン(Balochistan)州の州都クエッタ(Quetta)にある高級ホテル「セレナ(Serena)」の駐車場で爆発があり、少なくとも4人が死亡、12人が負傷したと発表した。

このホテルには中国大使が投宿していた。

同州には中国の巨大経済圏構想「一帯一路(Belt and Road)」の重要インフラ整備事業「中国パキスタン経済回廊(CPEC)」を通じて数十億ドル(数千億円)規模の中国マネーが流れ込んでいる。

しかし地元住民らは、新たな仕事を得るのは外から来た人ばかりで、地元住民に利益はほとんどないと反発している。

(c)AFP AFP通信 2021/4/22