志摩市民病院の放射線技師 知人男性への性的暴行容疑で逮捕 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 一緒に酒を飲んだあと眠っていた知り合いの男性に性的暴行をしたとして、 志摩市の志摩市民病院に勤める36歳の放射線技師の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、志摩市民病院の放射線技師、東武司容疑者(36)です。

警察によりますと、東容疑者は、3月12日の夜から13日の未明までの間に、 志摩市内の自宅で2人で酒を飲んだあと眠っていた20代の知人の男性に 性的暴行をした疑いがもたれています。

警察によりますと目を覚ました男性が、東容疑者の行為に気がつき、帰宅後、警察に通報したということです。

調べに対し、東容疑者は「眠っている男性のズボンなどを脱がせて、 下腹部を触るなどしたことは間違いない」などと容疑を認めているということです。

市民病院の放射線技師が逮捕されたことについて志摩市は、 「市民の皆様の信頼を失墜させてしまったことを心よりお詫び申しあげます。 職員は警察による取り調べ中であり、事実関係を正確に把握し、厳正に対処します」 とコメントしています。

04/22 19:28