2021年04月22日 21時46分  また一つ勲章が加わった。

国際水泳殿堂は21日、1988年ソウル五輪競泳男子100メートル背泳ぎ金メダリスト・鈴木大地氏(54)の殿堂入りを発表した。

 鈴木氏はスタートから25メートル以上も潜る「バサロ泳法」で米国のデビッド・バーコフ(54)に勝利。

同殿堂は「世界を驚かせた。鈴木氏は、困難と考えられていた金メダルを獲得した」などと選考理由を説明した。

 殿堂入りを受け、鈴木氏は22日にツイッターを更新。

「大変光栄に思う。水泳人生を支えてくれた全ての人に感謝したい」とつづった。

 授賞式は10月に米国フロリダ州で開催される予定となっている。