安倍氏が朝日新聞批判「捏造体質変わらないようだ」具体例示さず 安倍晋三前首相は22日、東京都内で行われた講演で、朝日新聞の報道について「なかなか、捏造(ねつぞう)体質は変わらないようだ」と批判した。

「捏造」の具体例については言及しなかった。

 安倍氏は、若手議員への教訓として「私は(衆院)当選3回のときから批判されてきた。ずっと批判され続けても首相になったので君らもしっかり批判されろと言っている」と述べた。

そのうえで朝日新聞の経営状態について「なかなか今厳しい状況にあるという説もある」とも指摘した。

【遠藤修平】