Cygamesが手掛ける育成シミュレーション『ウマ娘 プリティーダービー』。

本作の流行を受け、「セイウンスカイ」や「ニシノフラワー」の馬主・西山茂行さんが反応。

自身のブログで「ウマ娘Twitterでバズる。」と題した内容を公開しています。

事の発端は、『ウマ娘』の影響もあってか「セイウンスカイ」と「ニシノフラワー」の墓参を希望する問い合わせがいくつか来たこと。

これを受け西山さんは、「どうぞ、墓参に来てください。大歓迎します」という旨のツイートを投稿しました。

本ツイートは記事執筆時点で約2.5万いいねを記録。

これを見たファンからも「西山オーナーまじでニシノフラワーとセイウンスカイをウマ娘に出してくれてありがとう」や「セイウンスカイのお墓参り。コロナが落ち着いたら行きたいです。ありがとうございます」などの声が寄せられました。

本ツイートを経て公開されたブログでは、「セイウンスカイ」と「ニシノフラワー」について語られています。

2頭の功績が今でも生きていることを嬉しいとする反面、逆に今だに話題になるのが不思議でならないのだとか。

本ツイートがバズったことに驚きを覚えると共に、愛した2頭を想い出してくれる人がいるだけで良いなとし、自身の「馬が作る人の縁」というセリフに合わせ、こういう形で一般ファンとの接点が持てるのは、嬉しい誤算だとしました。

また今後の注目競走馬については、『ウマ娘』でも話題を呼んだ「ニシノデイジー」の妹「ニシノリース」を挙げています。

今は充電中ですが、夏の札幌で活躍するとのこと。

主力がみんな休養中のなか、突然孝行息子が出るのが西山牧場として「ニシノソメイノ」にも期待を寄せています。

「セイウンスカイ」や「ニシノフラワー」の血を繋ぐ子孫たちが、今後のレースでどんな活躍を見せるのか。

その出走を楽しみにしましょう。

ニシノフラワー(ウマ娘) セイウンスカイ(ウマ娘)