新しい研究によると、平日の夜に約6時間以下の睡眠をとろうとしている場合は、将来の失敗に備えて脳を整えていることになります。

約8,000人を25年間追跡した後、この研究では、「50歳と60歳で6時間以下の睡眠時間」で、夜7時間眠った人と比較して認知症のリスクが高いことがわかりました。

さらに、50歳、60歳、70歳の間の持続的な短い睡眠時間は、うつ病を含む「社会人口統計学的、行動的、心臓代謝的、精神的健康要因」とは無関係に、「認知症リスクの30%増加」とも関連していたと研究は述べた。



「睡眠は正常な脳機能にとって重要であり、認知症で蓄積する有毒なタンパク質を脳から取り除くためにも重要であると考えられているです」とディスカバリー脳科学センターの副所長であるタラ博士は述べています。

最近のいくつかの研究では、睡眠不足が引き起こす可能性のある損傷が調査されています。

2017年のある研究によると、レム睡眠や夢の段階の睡眠が少ない人は、認知症を発症するリスクが高い可能性があります。

レム睡眠は睡眠の第5段階であり、目が動くと体が熱くなり、呼吸と脈拍が速くなり、心が夢を見ます。

2017年に発表された別の研究によると、健康な中年のお前らが1晩だけぐっすり眠っただけで、大量のベータアミロイドプラークが生成されました。

これはアルツハイマー病の特徴の1つです。

ベータアミロイドは、脳細胞間のコミュニケーションを妨害し、最終的には脳に蓄積する細胞を殺す粘着性のタンパク質化合物です。

研究によると、1週間の睡眠障害により、アルツハイマー病、前頭葉認知症、レビー小体型認知症に関連するもつれの原因となる別のタンパク質であるタウの量が増加しました。

さらに別の2017年の研究では、脊髄液中の認知症マーカーを自己申告による睡眠の問題と比較し、睡眠の問題を抱えている被験者は、うつ病、体重、心血管などの他の要因がある場合でも、タウの病状、脳細胞の損傷、炎症の証拠を示す可能性が高いことがわかりました病気と睡眠薬が考慮されました。

「私たちの調査結果は、睡眠の悪化が脳内のアルツハイマー関連タンパク質の蓄積に寄与する可能性があるという考えと一致しています」と、ウィスコンシン州アルツハイマー病研究センターのベンドリン博士は、2017年の研究に関する以前のインタビューで語った。

「認知的に健康で中年に近い人々にこれらの影響が見られるという事実は、これらの関係が早期に現れ、おそらく介入の機会を提供することを示唆している」とベンドリン博士は述べた。

gooqle翻訳一部割愛 全文はリンク先へ