セレッソ大阪がチケット転売禁止についての注意喚起を行っている。

クラブによると、5月2日にヤンマースタジアム長居で行うガンバ大阪戦のチケットが、チケット転売仲介サイトやフリマアプリで確認されたという。

 公式サイトでは「チケットの転売行為は『大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例』での法令違反に問われる可能性もございます」と警告。

「クラブが悪質と判断した事案につきましては、取引されたチケットの入場禁止(座席の封鎖)やファンクラブ会員資格の停止などの手段をとらせていただく場合がございます。不正に転売されているチケットを取引されませんよう改めてお願い申し上げます」と強く呼びかけた。