#再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX) 政府は22日、2030年に向け温室効果ガスを13年度比で46%削減する新たな目標を固めた。

現在の26%削減から大幅に引き上げる。

菅義偉首相がこの日夜のオンライン形式による気候変動サミットに出席し、各国の首脳に伝える。

 この日の政府の地球温暖化対策推進本部で、菅首相が新たな目標を表明するとみられる。

 菅首相は昨年10月、日本の温室効果ガスの排出を50年に「実質ゼロ」にすると宣言していた。

その達成に向け、30年の目標を引き上げる。

 米バイデン政権は、30年に温室効果ガスを05年比で少なくとも50%削減するとの目標を公表するとみられる。

欧州や中国なども新たな目標を示している。

日本も高い目標を掲げることで、国際協調をアピールしたい考えだ。

 ただ、46%削減は簡単には実現できない数字だ。

太陽光や風力による発電など、再生可能エネルギーの導入を加速しなければならない。

反対の意見が根強い原子力発電所の再稼働も議論となる。

化石燃料に依存する自動車や鉄鋼といった、いまの主力産業の見直しも求められる。

省エネルギーの徹底など、暮らしへの影響も避けられない。

2021年4月22日 17時42分