「これ以上とても無理だということだったら、これはもうスパッとやめなきゃあいけない」  自民党の二階俊博幹事長が4月15日、TBSのCS番組収録で7月23日から開催予定の東京五輪・パラリンピックの中止に言及した。

この二階発言について20日、丸川珠代五輪相は「ある意味当たり前のことだ」と話している。

政権トップの発言は国内外のメディアを驚かせた。

「やっぱりいらない東京オリンピック」の著者で神戸大学大学院の小笠原博毅教授が、二階氏の発言にこう指摘する。

「誰が中止の口火を切るか注目されている時です。おそらく政権に近い官僚トップの間では『(五輪開催は)もう駄目だろう』という意見が共有されていると思っています。二階さんは、のっぴきならない状況の中で、情報をきちんと把握しており、菅首相が日米首脳会議で米国にたつタイミングで言ったのだと思います」  3月25日に福島県からスタートした聖火リレーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大阪府全域の公道、愛媛県松山市内、沖縄県本島の公道で中止が決まった。

また北朝鮮の五輪不参加も伝えられている。

大会組織委員会の橋本聖子会長ら政府関係者が二階発言の火消しに追われる中、IOCのバッハ会長は強気姿勢を崩さないが、大会開催を危ぶむ声は海外の関係者からも次々出てきている。

 競泳の五輪代表を決める日本選手権のさなか(4月3~10日)、国際水泳連盟が東京五輪最終予選の飛び込み、アーティスティックスイミング、マラソンスイミングの3競技の大会中止を正式に勧告してきたのだ。

「驚きました。日本の新型コロナ対策が不安だという理由でした。経費の負担や来日後の2週間の隔離にも不満をぶつけていました」(大会関係者)  日本側が費用を持つことで3大会の最終予選は実施されることになったが、さらに驚いたことに、「マラソンスイミングは福岡でやることになっていましたが、会場をポルトガルに変更して開催することになりました。どうして東京五輪なのに、ポルトガルで予選なんですか?」(前出の大会関係者)。

■オフィシャルスポンサーの対応に不満  さらに競技の実施にあたり、関係者が不安を漏らすのが大会のオフィシャルスポンサー「オメガ」の対応だ。

オメガは競泳用のタッチパッドや陸上のスターティングピストルなど、競技のオフィシャルタイムキーパーを務める。

 ある大会関係者が不安げに言う。

「辰巳のオリンピックプールは現在、すべてセイコーのタッチパッドです。これを取り外してオメガに替えるのですが、0.001秒を争うのですから設置までに何度も検査を繰り返します。競泳だけではなく陸上、柔道でもオフィシャルタイマーをオメガに替えなければなりません。そして設置後の競技で確認が必要です。こうした状況を国際水連などは分かって中止を勧告してきたんです。開催が無理なことを認めないのは日本政府だけです」  二階幹事長の発言が五輪中止の口火とならなければいいが。

(ジャーナリスト・木野活明) 4/22(木) 9:06 配信 日刊ゲンダイDIGITAL