ステマ疑惑が報道された、フジテレビの女子アナ集団(左上から時計回りに、三田友梨佳、久慈暁子、井上清華、堤礼実、海老原優香、杉原千尋、三上真奈、宮澤智) 「週刊文春」4月15日(木)発売号で報じた、フジテレビ女性アナウンサーの「ステルスマーケティング」疑惑。

7人のアナウンサーが同じ美容室に通い、無料でサービスを受ける代わりに店のインスタグラムに自身の写真の掲載を認め、広告塔の役割を果たしていた問題で、フジテレビの調査に対し、女子アナたちが申告した美容室とその系列店を利用した回数が「週刊文春」の取材でわかった。

 この申告によれば、最多は井上清華アナ(25)の計45回だった。

“回数”が最多の井上アナ  美容室の関係者が語る。

「女子アナたちには無料でサービスをしていました。本来ならカット、カラー、トリートメントで、1回2万円ぐらいです」  フジテレビ関係者の証言によると、5人のアナウンサーは調査に対して、次のように申告しているという。

「めざましテレビ」MCの井上が断トツの1位で、美容室30回・ネイルサロン&マツエク店15回の合計45回。

トータルの金額は約90万円にも上る。

2位は「めざまし8」MCの堤礼実アナ(27)で、それぞれ11回・7回。

3位は「ノンストップ!」MCの三上真奈アナ(32)で3回・12回。

4位は「ノンストップ!」にレギュラー出演する杉原千尋アナ(25)で12回・0回。

5位は「めざましどようび」MCの久慈暁子アナ(26)で、1回・1回だった。

「これらはあくまで自己申告の回数なので、正直に答えている者もいれば、少なく申告している者もいます」(前出・フジテレビ関係者)  ただ、すべてを足すと92回。

他に同店に通っていた宮澤智アナ(31)、海老原優香アナ(27)の分を合わせると数十回になるといい、7人で100回以上、総額200万円を下らないサービスを無料で受けていたことになる。

 フジテレビ広報部にこの回数を含め、今回の“ステマ問題”について改めて確認したところ、回答は以下の通りだった。

「弊社の見解は前回お答えした通り(ステルスマーケティングに該当する行為はないと考えております)ですが、現在、確認作業を続けている最中ですので、事実関係の詳細等については、回答を控えさせていただきます」  4月21日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び「週刊文春」4月22日(木)発売号では、女性アナウンサーたちが小誌報道を受けた後に発した言葉の数々、アナウンス室内で起きている“犯人探し”の様子、さらに野島卓アナウンス部長が行っていたさらなる“隠蔽工作”の詳細などについて報じる。