【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は8日の記者会見で、世界的な半導体不足に対応するため、「安全なサプライチェーン(供給網)の構築に向けて政府を挙げて取り組む」と強調した。

 首脳レベルで解決を急ぐ課題だとして、16日に開かれる菅義偉首相とバイデン大統領の日米首脳会談で「議題の一つになる」と明言した。

 サキ報道官は、日米首脳会談でバイデン氏が中国への半導体輸出を制限するよう菅首相に求めるかとの質問には答えなかった。

半導体不足の問題をめぐっては、梶山弘志経済産業相とレモンド米商務長官が8日に電話会談し、供給網強化へ協力することで一致した。

Yahoo!Japan ニュース/時事通信社  4/9(金) 6:37配信