食品スーパーのヨークベニマルは8日、2021年2月期単独の営業利益が前の期比26%増の165億5000万円と2期連続の増益になったと発表した。

新型コロナウイルス禍で外食を自粛して自宅で食事する人が増え、生鮮食品の売り上げが増えた。

全体の売上高は同7%増の4690億円だった。

今期の業績予想の発表は見送った。

2021年4月8日 18:44 日本経済新聞