厚生労働省は8日、新型コロナウイルスの影響で解雇・雇い止めされた人が見込みを含めて7日時点で10万425人となったと明らかにした。

業種別では製造業が最も多かった。

2020年2月の集計開始から約1年2カ月で10万人を超えた。

厚労省が全国の労働局やハローワークを通じて解雇・雇い止めの状況を集計した。

人数のなかには解雇された後に再就職した人も含まれている。

把握できるのは一部にとどまり、実態としてはさら… 2021年4月8日 9:15