Intelが「第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ(Ice Lake)」を発表 最大40コアで処理能力を向上 – ITmedia PC USER 2021年04月07日 19時00分 公開 [井上翔,ITmedia] Intelは4月6日(米国太平洋時間)、サーバ/データセンター向けのCPU「第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ」の新製品(開発コード名:Ice Lake-SP)を発表した。

既存製品と比べて最大コア/スレッド数が増加しただけではなく、IPC(クロック当たりの処理命令数)や暗号/復号に関する処理性能も向上している。

第3世代Xeonスケーラブルプロセッサ(Ice Lake)の概要 今回新たに追加された第3世代Xeonスケーラブルプロセッサは、モバイル向け第10世代Coreプロセッサの一部で採用された10nmプロセスの「Ice Lakeアーキテクチャ」を採用している。

ただし、PCI Express 4.0バス(最大64レーン)の搭載など、スケーラブルプロセッサに必要な機能を追加している。

CPUソケットは、発売済みの「Cooper Lakeアーキテクチャ」を採用する製品と同じく「FCLGA4189」だ。

第2世代(開発コード名:Cascade Lake-SP)と比べると、IPCは最大で20%向上し、AIの演算パフォーマンスは平均で約1.46倍高速化している(28コア56スレッド製品での比較)。

CPUのコアとスレッド数は、最大構成で40コア80スレッド、最小構成で8コア16スレッドとなっている。

内蔵メモリコントローラはDDR4-3200規格に対応しており、最大8チャンネル構成を構築可能だ。

メインメモリの最大容量は、CPUソケット1つ当たり6TB(※1)となる。

(※1)DRAMと「Optane Persistent Memory 200」の合算値(一部製品はOptane Persistent Memory 200に非対応) (略) 関連リンク ニュースリリース(英語) ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。