文化放送のラジオ番組「おはよう寺ちゃん」が、予期せぬトラブルに巻き込まれた。

  番組の違法配信が原因で、公式のユーチューブ動画が「著作権侵害」で削除された。

現在は復旧したが、なぜこんな事態が起きたのか…。

 番組改編に合わせ、3月29日からユーチューブで生配信およびアーカイブ配信をしていたが、なぜか29日の動画が削除されてしまった。

番組の公式ツイッターが30日、「番組を違法でアップロードしているチャンネルから著作権侵害の警告を受け、動画を削除されてしまいました…なぜ公式が訴えられるのでしょうか…笑」とあきれ気味に伝えた。

  削除された動画の画面には、「動画は再生できません。この動画は、〇〇(伏字は編集部、英語で個人とみられる名前が示されている)から著作権侵害の申し立てがあったため削除されました」と表示され、 権利者を騙る第三者から苦情があったことが分かる。

   ユーチューブで「おはよう寺ちゃん」と調べると、番組名を冠した非公式のチャンネルが複数見つかる。

   ユーチューブの公式サイトによれば、著作権侵害の警告は「著作権で保護されたコンテンツの使用について著作権所有者が削除依頼を提出したことを意味します。 このような正式な通知があった場合、YouTube は著作権法に従ってお客様の動画を削除します」と説明する。

 文化放送広報部は4月1日、J-CASTニュースの取材に、ユーチューブの管理画面から、第三者による「著作権侵害の申し立て」に異議を申し立てたものの、3回のうち2回しか申し立てが通らなかったと話す。

 ユーチューブでは、不当な著作権侵害の警告により動画を削除された場合、異議申し立てできる仕組みがある。

 ユーチューブを傘下に持つ米グーグル日本法人に2日、今回のトラブルの原因を問うも、「個別のチャンネルや動画についてはお答えできない」(広報部)とした。