史上最年長78歳の弁慶に万雷拍手 松本白鸚1151回目熱演に孫の染五郎「いつかやらせていただきたい」と熱望 4/4(日) 5:01 中日スポーツ 弁慶を熱演する松本白鸚  歌舞伎俳優の松本白鸚(78)が3日、東京・東銀座の歌舞伎座で開幕した「四月大歌舞伎」の第一部「勧進帳」に出演。

本興行では史上最年長となる78歳で武蔵坊弁慶を演じ、客席から万雷の拍手が送られた。

 白鸚が弁慶を演じるのは2018年4月の名古屋・御園座の公演以来約3年ぶり。

通算1151回目となったこの日の舞台では長男の松本幸四郎(48)が富樫左衛門役で共演。

祖父と父親の熱演を目の当たりにした市川染五郎(16)は「いつかやらせていただきたい」と熱望した。

 初日を前に「覚悟を決めて勤めたい」と語っていた白鸚。

上演中、弁慶が客席に背中を向けるたびに「シューッ」という呼吸を整えるような音が何度も響き渡り、実弟の中村吉右衛門(76)が体調不良という暗雲が歌舞伎界を覆う中、文字どおり命がけの演技に観客の目はくぎ付けとなった。

 今回の「勧進帳」は白鸚と幸四郎が日替わりで弁慶を演じる初の親子競演で、白鸚は12回出演して現役最多となる1162回まで記録を更新する見込み。

28日の千秋楽は幸四郎が弁慶を演じる。

(おわり)