プラスチック製のスプーンやフォークなどの有料化法案を掲げ、その〝行動力〟の高さから絶賛批判殺到中の小泉進次郎環境相。

そんな彼が3月29日の『深層NEWS』(BS日テレ)に出演して同法案の〝真実〟を明かし、国民からさらなる怒りを買ってしまったようだ。

同日の番組では、3月9日に『気候変動担当相兼務』となった小泉環境相に〝気候変動〟や〝脱炭素〟といった地球温暖化問題について生直撃。

そこで小泉環境相が掲げた『プラスチック新法案』が取り上げられ、番組では「スプーンなどの有料化も検討」と紹介される。

すると小泉環境相は「スプーンで私も叩かれたりしているので、今日は正確に法案の中身を伝えていけたらと」と独特のユーモアを交えて前置き。

そして、「まず大事なことは〝スプーン有料化法案〟ではありません」と断言する。

続けて「明確にしておきたいのは、スプーンだけじゃなくて」「日本で今生産されているプラスチックは全体で1000万トンです。この1000万すべてに、この法案は関係をします」「最終的には使い捨てのプラスチックを日本から無くしていく」と説明するのだった。

まいじつ 2021.04.03 10:34