<巨人2-2ヤクルト>◇3日◇東京ドーム 移籍後初勝利を目前で逃しても気丈だった。

3月に巨人からトレード移籍したヤクルト田口麗斗投手(25)が、古巣相手の初マウンドに立った。

ストライク先行のテンポ良い投球で7回を88球、5安打無失点6奪三振。

後を受けた清水、石山がそれぞれ失点し、9回に同点に追いつかれて白星は逃したが、試合後のZoom取材では「チョリース」と登場。

悔しさを押し殺し、明るく振る舞った。

1回。

今までとは違い、三塁側からマウンドへ向かった。

投球前にはマウンド後方にかがみ、指で「勝」と書いた。

巨人長嶋茂雄終身名誉監督がチーム鼓舞する言葉で、気持ちを高めた。

「特別な感情があるのは当然だと思う。いろんなことが込み上げてきますが、とにかく1人1人全力で抑えにいきたい」と覚悟を決めて1球目を投じた。

坂本や同年代の岡本和、丸…。

「手を抜ける打者はいない」居並ぶ猛者たちとの勝負。

「意識した中でどれだけのピッチングができるか。これから何試合も対戦する中で、いつもと同じようにマウンドに立てるように」と平常心を心がけた。

6回1死一、二塁では岡本和を、7回1死一、二塁ではトレード相手の広岡を打席に迎えた。

ともに併殺打で切り抜けると力強く左拳を握った。

冷静さの中の闘志を、むき出しにした。

移籍後初登板となった3月27日阪神戦は、2回1/3を6失点。

中6日の間で、伊藤投手コーチとカットボールを改良し「真っすぐの高さのラインを全体的に下げることができた」とうなずいた。

勝利こそ逃したが、表情は決して暗くない。

「(投球の)バリエーションを増やしていかないと、この先も戦っていけない。今日は1つ引き出しが増えたかな」。

“ヤクルト田口”として、さらなる進化を遂げ、次もマイペースに古巣を封じて、白星をつかむ。

【湯本勝大】 ▽巨人原監督(ヤクルト先発田口の投球に) いいピッチングされたし、良さ、いいところを知っているだけにね。

(打者は)いいところを狙っちゃったんだろうな。

4/3(土) 20:16