◆ソフトバンク4-7西武(3日、ペイペイドーム)  西武は3日、外崎修汰内野手(28)が福岡市内の病院で診察を受け、左腓骨(ひこつ)骨折と診断されたと発表した。

全治は未定。

 外崎は初回1死満塁の第1打席で高橋礼から左足首付近に死球を受けた。

トレーナーらに抱えられてベンチ裏に下がり、そのまま病院に直行した。

 西武では開幕直後から栗山、山川の主軸が離脱。

2019、20年と全試合出場していた外崎も戦列を離れることになった。

西日本スポーツ