CBDのパイオニアとして知られるデンマーク発のブランド「エンドカ(ENDOCA)」が、世界初のフラッグシップショップ「ENDOCA(COFFEE)SHOP」を鎌倉にオープンした。

CBDの利用には適切なコンサルテーションが必要という考えの元、来店は完全予約制。

予約はメールで受け付けている。

エンドカは2014年にコペンハーゲンで設立し、2019年に日本に本格上陸。

日本国内では伊勢丹新宿店や「バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)」「エストネーション(ESTNATION)」 「ビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen)」「トランク ホテル(TRUNK(HOTEL))」など100店舗以上で取り扱っているほか、 350以上の医療機関でも展開している。

プロダクトには「ヘンプオイルドロップス」(4950~2万2000円)や「カプセルヘンプオイル」(4950~2万2000円)、「CBDチューインガム」(1870円)、 「ヘンプボディバター」(5500~1万5400円)、「ヘンプサルヴ」(1万1000円)、「CBDリップ&スキン」(1650円/いずれも税込)などがある。

フラッグシップショップの内装にはブランドフィロソフィーを反映させ、壁にはCBDの原料となるヘンプチップ、床にはヘンプチャコールを染み込ませるなど自然素材を多用。

店頭ではエンドカが保有する南米のコーヒー農園から送られてきたオーガニックコーヒーを飲みながら、実際の商品に触れることができる。

関連スレ 【米国】上院民主党トップのシューマー院内総務、連邦レベルでの大麻非犯罪化法案を近く提出する考えを示す [ごまカンパチ] 【米国】上院民主党トップのシューマー院内総務、連邦レベルでの大麻非犯罪化法案を近く提出する考えを示す [ごまカンパチ](11) 【速報】グアム準州知事が観光復興目的で「大麻売買合法化」を表明 大麻に対する日米の意識に大きな格差 [ごまカンパチ] 【速報】グアム準州知事が観光復興目的で「大麻売買合法化」を表明 大麻に対する日米の意識に大きな格差 [ごまカンパチ](164) 【医療】大麻草原料の医薬品 実用化視野に 国内初の治験実施検討 厚労省 すでに研究班も立ち上げ [ごまカンパチ] 【医療】大麻草原料の医薬品 実用化視野に 国内初の治験実施検討 厚労省 すでに研究班も立ち上げ [ごまカンパチ](166)