<阪神1-0中日>◇3日◇京セラドーム大阪 阪神が9回にサヨナラ勝ちしたが、注目のドラフト1位佐藤輝明内野手(22)は3打数無安打に終わった。

1日の広島戦で2号ソロを放った後は、8打席連続ノーヒットで、打率1割3分3厘とバットは湿っている。

日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(67)が現状を解説した。

◇  ◇  ◇ 佐藤輝の状態は、あまり悪くないと見ているが、ひとつだけ気になるのは、「かかと」に重心がある点だ。

公式戦に入り、内角を攻められ、遅いボールでタイミングを外されて、空振りしている。

引きつけて打つことを意識するために、そうなっている可能性があるが、受け身になってしまっている。

「かかと」に重心があることで、うまく下半身が使えていない。

腰が引けているように見える。

ボールを待つのはいいが、腰を入れて、フットワークを使う打撃をしたほうがタイミングは合いやすい。

ホームランも出やすくなる。

彼は反応のいい打者だから、下半身を使って、打つ準備を整えることだけを気にすればいい。

上体でタイミングを合わせにいくと、狙ったボールしか打てない。

いい時の佐藤輝は、下半身でタイミングを合わせながら、上体は我慢できていたので、ボールの変化に対して、自由に動ける余裕があった。

そこを思い出せばいい。

4/3(土) 17:45