『ZIP!』スタジオリニューアル大不評「目がチカチカ」「吐き気とめまいが…」 テレビ各局の新年度が3月29日から始まり、リニューアルや新番組など、その様相が大きく変化しているワイドショー業界。

しかし中には、長年見慣れた光景が変わったことで、戸惑いを覚えている視聴者も多いようだ。

『めざまし8』(フジテレビ系)や『ラヴィット!』(TBS系)のスタートに代表されるように、例年にないほど大ナタが振るわれた今春の朝番組。

また、『スッキリ』や『ZIP!』(どちらも日本テレビ系)といった既存の番組も、長年の司会を交代させるなど大きな改革を行っている。

特に「ZIP!」は、総合司会を桝太一・徳島えりか両アナウンサーの2枚看板から、水卜麻美アナウンサー1人に変更。

さらには、番組ロゴやスタジオセット、テロップのフォントも一新し、新番組さながらの変貌ぶりだ。

これまでの「ZIP!」は、雲をイメージした番組ロゴと、それに合わせるような虹・空・雲のセットが特徴的だった。

しかし、新たなロゴは雲からリボンのイメージへと変わり、色もピンクと水色のパステルカラーを基調としたカラフルなものになっている。

シンプルだった先代からは、かなり大胆な変化だと言っていいだろう。

若者向けを意識して高齢世代にはつらい色合いか? しかしこの変更、視聴者からの評判はあまりよろしくないようだ。

まだ目が見慣れていないこともあるだろうが、ネット上には 《ZIPの背景、落ち着かないから違う色にして欲しい》 《スタジオの背景?がめちゃくちゃ落ち着かない感じになってるね》 《背景の色がやかましくて疲れるようになってしまった》 《新体制になったZIPを初めて見たけれども、背景うるさくない…?》 《背景がカラフル過ぎて目が疲れるのを通りすぎて、吐き気やめまいがしてきた 寒色と暖色の組合せが悪いせいなのか焦点が合わせずらい しばらくZIPは見ないようにしよう》 《ZIPの背景、何かリボンが主張しすぎて視覚的にうるさく感じる》 《ブルー背景にピンク文字がすごい見づらい。

目がチカチカする》 など、微妙な反応が殺到。

白を基調として見やすかったセットやテロップが、カラフルで見づらくなったと指摘されている。

「現在のTV界は、世帯から個人視聴率へと意識を変え、若者の関心を引くよう苦心している最中。『ZIP!』も少しでも若い世代の目を引こうと、カラフルな色合いに刷新したのでしょう。アフターコロナで出演者が距離を取らなければならない今、白いセットでは殺風景に見えてしまいますから、そこを補う意味もあったかもしれませんね」(制作会社勤務) とはいえ、週に5回もやる番組だけに、すぐ視聴者も慣れてくるだろう。