新日本プロレスを支配する「ユナイテッド・エンパイア」のグレート―O―カーンの独占インタビューにまたもや成功した。

「NEW JAPAN CUP(NJC)」は同盟者のウィル・オスプレイ(27)が制し、4日の両国国技館大会でIWGP世界ヘビー級王者・飯伏幸太(38)に挑戦する。

自身も1回戦で昨年度東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞MVPの内藤哲也(38)を撃破するなど帝国の勢いは加速するばかり。

時代に取り残されたくなければ、余の声を聞くがいい――。

 ――プエルトリコで亡くなったはずでは…  オーカーン(以下・余) 貴様、余をブルーザー・ブロディと見間違えておりゃせんか? 確かに矢野(通)との戦いで弁髪を切ることになってしまったが…後悔などみじんもない。

シャンプーの案件が来そうな髪形じゃしな。

えっ? 触りたい!? い、いくらすごいモフモフだからって、高級コンディショナーも使っててめっちゃいいにおいだって言っても、そんないきなりは…ちょっとだけじゃよ? 良きにはからえ。

 ――無礼をお許しください。

トーナメントのNJCはオスプレイが見事に制覇した  余 Nカップを支配するのは同盟者の誰かと言ったであろう。

1月6日に言ったことを覚えておるか? 愚民どもはゼンパイアなどとツバを吐きかけていたが、なんと見る目のないことよ。

まあ、あの(1月東京ドーム大会の)全敗のおかげで超感動大作ドラマになった。

「盾の勇者の成り上がり」みたいじゃない?  ――オーカーン様も内藤から見事に大金星  余 無礼者! あんな雑魚に勝ったくらいで大金星? 余をナメるでない! 大阪城(2月)でも棚橋(弘至)が丸め込みなどと姑息なマネをするから不覚を喫してしまったが、余がNEVER王者を超える実力だと証明したであろうが。

内藤に勝ったことは至極順当な結果である。

 ――無礼をお許しください。

相手の負傷箇所のヒザを容赦なく攻めてのレフェリーストップ勝ち  余 しかり。

試合を止めるのがあと1秒遅れていたら、ヤツの脚の骨は粉砕骨折だった。

そもそも内藤など弱すぎて話にならん。

内藤に勝った余は次の矢野に、矢野はその次のEVILに、EVILはその次の鷹木信悟に、鷹木は決勝でオスプレイに負けておる。

事実上最弱じゃろがい。

 ――内藤を下げようとするあまり自分まで踏み台になっているが…  余 負けは弱さの証明ですか? 余にとって負けは試練なんじゃないんですか? だが、勝負づけが済んだ内藤にならどんな状況で何度やっても結果は変わらん。

余は器が大きいゆえ、ヤツが土下座するなら再戦を考えてやらんこともないぞ。

 ――なんと寛大な…  余 1回だけでは足りぬ。

何度も何度も蹂躙しいたぶり、心の底から挫折させてやるのが楽しいのではないか。

グヘヘ。

 ――両国でもLIJと対戦。

6人タッグ戦で新戦力「X」を投入する  余 ヤツは…おそらく2年前の地獄を見てきた者だ、面構えが違う。

復讐心は帝国同盟者随一の恐ろしい子! 先日一緒に練習して確信した。

ヤツは同盟者の中で一番強くなる。

 ――両国大会で帝国はさらに強大化すると  余 そうじゃ! 余は大空スバル式羊殺し(変型背骨折り)という、ソーセージレジェンドマスターにして某夢の国のアヒルの声をしているのに咳払いがかわいすぎるチャンネル登録80万人超えの超有名人気VTuberの大空スバル姫をはじめ、技を受けた角巻わため姫、プロレスを見るのが好きな白上フブキ姫、スバル姫の母君のしぐれういママに認められた、ある意味で一番強力な技を手に入れた。

ついでに両国で新兵器を手に入れ、神を殺し、IWGP世界ヘビーをも支配する。

 ――……。

飯伏と戦うのはあくまでオスプレイ  余 こまけぇこたぁいいんだよ!! 帝国との同盟を持ちかけてくる人間は今後どんどん増えるじゃろうな。

今のうちに、ひれ伏せっ、愚民ども!