ファンだった当時15歳の少女にわいせつな写真を送らせたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで警視庁に逮捕された元人気ユーチューバー「ワタナベマホト」こと、渡辺摩萌峡さん(28)が4月2日21時、東京湾岸警察署から釈放された 「捜査の過程で、渡辺さんのスマホからは15歳少女とは別の女性の裸の画像も見つかりました。しかし、撮影されたその女性が名乗り出ることはなく、再逮捕には至らなかった。釈放は、勾留期限が満期となる4月6日になるとの見方が有力でしたが、調べが終わったため早まったようです」 「段ボール箱に隠れて逃走」  釈放時、渡辺さんは白のワンボックスカーの後部座席に乗りこんで、逮捕の際と同じく、顔を伏せ報道陣から姿を隠して湾岸警察署を後にした。

報道陣の追跡を撒くために、お台場付近の商業施設で車を乗り換え、自宅とは逆方面に車を走らせる徹底ぶりだった。

 今回のような彼のマスコミからの“逃亡”は初めてではない。

婚約者である元欅坂46の今泉佑唯(22)との「交際開始当初も同じようなことがあった」と、2人を知る友人は語る。

「今から1年前、今泉との交際が始まった当初も、マホトはマスコミをとても警戒していました。自宅デートの際には、窓に黒いスモークを張った車を準備したり、ダミーの車を動かしたりしていた。時には、段ボール箱の中に今泉を入れて仲間に運搬させたこともあったそうです。  そんなスリルを一緒に味わうことで“つり橋効果”もあったのでしょう。今泉は交際後、どんどんマホトにハマっていきました」(同前) 「恋愛経験が少ないから…」  今回のわいせつ事件が発覚して以来、今泉の周囲は渡辺さんと「婚約を解消した方がいい」と進言しているが、今泉は一貫して、首を縦に振らないという。

「いまでも籍こそ入れていませんが、それでもマホトのことを思っているのでしょう。『なんでそこまで好きなの?』って聞いたこともありますが、本人もよくわかっていない。ただ、彼女が仕事で大きな悩みを抱えたときに支えたのがマホトだった。それに対しての恩や情が大きいようです」(同前)  別の2人の友人は、こう語る。

「彼女はアイドル時代に男性との交際経験がなく、マホトと付き合い出すと『こんなに人を好きになったことはない。一緒にいたら本当に落ち着く』と話していました。そもそも、恋愛の経験が極端に少ないんです。事件発覚後に、私もマホトと別れることを勧めましたが、『私が離れたら味方がいなくなっちゃうから見捨てられない』『生まれてくる子供に父親は必要』と反論されてしまった」 目撃されていた今泉の「警察署での面会」  渡辺さんの逮捕直後、今泉が心労で体調を崩し、救急搬送されていたことは 「文春オンライン」 が報じた。

それでも、3月29日には湾岸署に今泉の姿があった。

「白いワンピース姿で、お腹は随分と大きくなったようでした。お腹をさすりながら歩いていた。終始うつむき加減で、カバンには“マタニティマーク”のキーホルダーをつけ、付近のタクシーに乗り込んでいきました」(目撃者した男性)  湾岸署関係者によると、今泉は渡辺さんの逮捕後、署で何度も面会していたという。

「マホトは、湾岸署では個室が与えられ、芸能人と同じ待遇でした。面会時間は20分。逮捕された3月後半から毎日のように彼女が昼ごろ面会にきていた。本や現金を差し入れていた時もありました」(湾岸署関係者)  釈放された4月2日、渡辺さんは深夜になっても自宅に帰ることはなかった。

 今泉の所属事務所に、今後の渡辺さんとの関係や面会の詳細について尋ねたが「お答えすることはございません」との回答だった。

 保釈の際は何も語らなかったが、今後、彼がファンに事件について語ることはあるのだろうか。

4/3(土) 13:27