4/3(土) 16:44 スポニチアネックス いとうあさこ 田中邦衛さんの訃報と、有吉の電撃婚を聞いて…「幸せと悲しみの両極が来ちゃった」 いとうあさこ  お笑いタレントのいとうあさこ(50)が3日、パーソナリティーを務める文化放送「ラジオのあさこ」(土曜前7・00)に出演。

大きなニュースに挟まれて、感情が大きく揺さぶられたことを語る場面があった。

 あさこは、2日の番組収録の休憩時間に俳優の田中邦衛さん(享年88)の訃報を知ったそうで「『北の国』のDVDボックスを全部持っていて、よく見るんですよ。吉岡(秀隆)さんと同い年で、一緒に育ってたような気分だったから。田中さんのことを『お父ちゃん』だと思って見てたから、悲しくなっちゃって…」と沈んだ気持ちになったという。

 その後、しばらくしてお笑いタレントの有吉弘行(46)の結婚がわかると「幸せと悲しみの両極が来ちゃって。うちらの仕事的には『有吉、夏目(三久)ちゃんとよかったね!』ってなるんだけど、感情が行ったり来たりのまんまだったからさ」と動揺を隠せなかったそう。

 「もちろん、めでたいという気持ちはあるんだけど。ああいう長い間独身だった男芸人が結婚すると、大久保(佳代子)さんといつも飲むんですよ『やっぱり、みんな結婚すんだね…』って。祝うという感情とは違うモヤモヤがね。だから、昨日は収録の前半終わりと後半終わりで不思議な感情になりましたね。いろんな気持ちが入り乱れて、大久保(佳代子)さんに『近くでいつ飲めますか?』ってメールしちゃった」と振り返っていた。