2021年04月03日 14:18野球  【ア・リーグ エンゼルス―ホワイトソックス ( 2021年4月1日 アナハイム )】 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は2日(日本時間3日)、本拠地アナハイムでのホワイトソックス戦に「2番・DH」で先発出場。

9回の第5打席で今季初安打となる本塁打を放った。

 相手先発投手は15年のサイ・ヤング賞左腕カイケル。

過去の対戦は3打数無安打3三振としていたが、この日最初の対戦ではカウント1-1からカットボールをとらえて一塁線を鋭く破った。

今季初安打かと思われたが記録は失策。

打球が右翼線を転がっていく間に大谷は三塁まで激走。

3番・トラウトの内野安打で生還し、先制のホームを踏んだ。

 第2打席は空振り三振。

第3打席は3点を追う5回無死一、二塁のチャンスで2番手の右腕・フォスターの前に空振り三振、7回の第4打席も空振り三振に倒れたが、第5打席で快音を響かせた。

 投打二刀流の完全復活を目指す今季。

オープン戦では、投げては渡米後最速で、自己最速にあと1キロと迫る101.9マイル(約164キロ)を計測し、打っては打率.548、5本塁打。

過去最高の活躍を見せていた。

前日の開幕戦は4打数無安打だった。

試合結果