栗山千明、金沢のれんこんにびっくり「こんなに違うんだ」気になるお味は | ENCOUNT 2021.04.03 舞台あいさつに登壇した栗山千明【写真:ENCOUNT編集部】 女優の栗山千明が3日、都内で行われた映画「種まく旅人~華蓮のかがやき~」初日公開記念舞台あいさつに登壇した。

栗山は「2019年の秋に撮影をしていたので、やっとの思いで全国で初日を迎えることができて感無量です」と公開の喜びを語った。

金沢の「加賀れんこん」農家の物語を描いた今作。

栗山は撮影で訪れた金沢で食べたれんこんについて、「加賀れんこんを意識して食べたことはなかったけど、シャキシャキ、もちもちしていて、こんなに違うんだとお届きました」と目を丸くし、「れんこんのステーキなど、いろんな食べ方を知りました」と笑顔を見せた。

 また、物語にちなんで人生の選択を迫られた瞬間のことを問われると、「地元(茨城)から東京に出てくると決めたことです」と話し、「中学生くらいの時に大きな決断をしたと思います。幼かったから怖さを感じずに飛び込めたところもある。大人になってからではもっと腰が重くて怖かったのではないかな」と振り返っていた。

 舞台あいさつには栗山のほか、平岡祐太、井上昌典監督が出席した。