河井克行元法務大臣の公選法違反事件の公判、3月23日から始まった被告人質問で、克行氏は、議員辞職の意向を示したのに加えて、それまで全面的に否認し無罪を主張してきた公選法違反の事実を「一転して」認めたかのように報じられた。

そして、4月1日、克行氏の議員辞職が国会で認められた。

河井案里氏が有罪確定で当選無効になったのに加えて、克行氏も「罪を認め」議員辞職したことで、この事件は「一件落着」だと思っている人が多いかもしれないが、それは全くの誤りである。

その後も続いている克行氏の公判での被告人質問では、4月8日告示の、案里氏当選無効に伴う参議院広島選挙区での再選挙に、そして、自民党本部の選挙対応にも重大な影響を与えかねない供述が行われているのに、マスコミでは、ほとんど報じられていない。

以降ソースにて 「事実を認めた」河井克行元法相の公判供述は、広島県連・安倍前首相・菅首相にとって「強烈な刃」! 4/2(金) 13:45 関連記事) 「河井元法相夫妻 公選法違反事件」 河井夫妻、逮捕後に4500万円超 歳費や期末手当 3/20(土) 河井克行被告が辞意 元法相、参院選買収事件で公判中 2021年03月19日 5000万円保釈の河井克行被告に「さすが上級国民」「また金配る?」ブーイングの嵐 2021年03月03日 買収原資「党本部の資金」 元会計担当者が供述―河井元法相公判 2021年02月09日 案里被告の有罪確定 参院選買収、当選無効に 2021年02月05日 「架空人物のブログで対立候補批判しろ」ネット工作を河井克行元法相が業者に依頼、投稿内容まで具体的に指示していた 2020年10月20日 現金受領100人立件せず 検察内でも「整合性とれぬ」2020年7月8日 「溝手潰し」の刺客として急浮上したのが、案里議員だった。

2020/06/25 安倍首相が逮捕に怯える、河井夫婦公選法違反事件の闇(1・5億円の一部が還流!?)2020/05/15(有料)2020.5.15 安倍首相”史上最長”を可能にした「検察の不正義」2019年12月1日号 サンデー毎日 以上