プロボクシングWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(35)=帝拳=が5月末に2度目の防衛戦実施を目指していることが2日、分かった。

対戦相手や場所などは交渉中も、国内での開催が有力。

12月にIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(38)=カザフスタン=との統一戦を目標にしており、負けられない一戦となる。

 1日まで元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(35)=帝拳、ベネズエラ=、元日本スーパーフェザー級王者・尾川堅一(33)=帝拳=とともに7日間の走り込み合宿を行った村田。

期間中、リナレスの世界再挑戦が決まるなど、同時期に世界挑戦を目指す3人による合宿は「いい刺激になった」という。

「ホルヘは返り咲きに自信満々だし、尾川の精神面はすごい。みんな良い形で勝てるようにつくり上げたい」。

今月中にも海外からスパーリングパートナー3人が来日予定。

村田の世界戦に向けた本格的な練習がスタートする。

(谷口 隆俊) 4/3(土) 7:00配信