小池百合子東京都知事(68)が2日の会見で「大阪株」というワードを放ったことに怒りと困惑が広がっている。

新型コロナウイルスの感染者が増えつつある大阪府は5日から「まん延防止等重点措置」が適用される。

東京都もこの日の新規感染者が440人にのぼり、適用の検討に迫られている。

発言は記者から東京都と大阪府の違いを問われた中で出てきた。

小池氏は「変異株の株が違う。特に『大阪株』の方が(感染力が)強いと言われている」と回答。

東京と大阪で確認されている変異株の種類が違うというのだ。

もっとも「大阪株」という表現には批判が渦巻いている。

ツイッターでは「大阪の人の差別につながる発言だ」 「関西人全員を敵に回した」「変な造語やめろ」「分断をあおるようなこと言うな」など怒りの声が殺到。

確かに大阪で変異株が生まれたみたいに聞こえてしまう。

東京都庁では「大阪株」という言い方をしているのか。

都福祉保健局担当者に小池氏の発言について聞くと、 「知事独自で話されたのではないか。都で使っている言葉ではない」と困惑していた。

ただ、小池氏の伝えたいことは分かるという。

「大阪や兵庫ではN501Yという変異株が多く見つかっています。東京や関東ではE484Kという変異株が多い。 N501Yは感染力が強いと専門家の中で言われていることで、それを伝えたかったのではないか」(同担当者) N501Yには英国型、南アフリカ型、ブラジル型があるが、日本国内では英国型がほとんど。

つまり「大阪株」とは英国型変異株の可能性が高い。

少なくとも大阪で生まれた新種の変異株があると 思わせる言葉は適切ではなかった。

吉村洋文大阪府知事とバトルにならなければいいが…。

「大阪株」発言でヒンシュクを買う小池都知事