松本人志&矢部浩之が約7年ぶり共演 矢部「恥ずかしい」、ゲスト夏菜は「共演NGかと…」  2日からレギュラー放送がスタートするフジテレビ系「人志松本の酒のツマミになる話」(午後9時58分)で、記念すべき初回として、矢部浩之(ナインティナイン)が登場する。

 松本人志と矢部が共演するのは、2014年の「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号」以来約7年ぶりとなる。

 “お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールの下、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合うトークバラエティー。

「ダウンタウンなう」の特別編として生まれた企画が、満を持してレギュラー化だ。

松本やゲストたちが円卓を囲み、それぞれの好きなお酒で乾杯し宴(うたげ)がスタート。

番組特製の“酒瓶ルーレット”でトークの順番を決定する。

 松本の両隣でMCを務めるのは千鳥(大悟、ノブ)、ほかのゲストは岡部大(ハナコ)、小泉孝太郎、夏菜も参加だ。

矢部が「今日収録現場に来て分かったんですけど、スタッフがピリついてます」と言って笑いを誘うと、夏菜は「お2人は共演NGなのかと思ってました」と驚き、ノブは「僕らからしたらビッグマッチなんですよ!」と興奮気味に。

 矢部は「松本さんとお仕事することは本当にないので恥ずかしいです」と語り、松本も「照れくさい。昔付き合っててキスぐらいはした感じの元カノ」と、率直な感想を語る。

   2人は仕事で共演することはなかったものの、プライベートでは偶然遭遇することがあったそうで……。

その際に松本が発した言葉の真意がずっと気になっていたという矢部は、「あれ何やったんですか?」と疑問をぶつけ、なぜか松本はたじたじになる。

 また、岡部は「親が失敗するところって見たくないものじゃないですか?」と切り出し、幼少期に目撃して「強烈に覚えている」という両親の大失敗エピソードを挙げて一同は大笑いとなる。

そこから話題は、それぞれが忘れられない親の失敗エピソードへ。

 ノブに「孝太郎さんのお父さんは?」と話を振られた小泉は、「僕は昔野球少年で、休日は公園で父にノックを打ってもらっていたんです」と話し始める。

当時、そこで父・小泉純一郎氏がよくとっていたというある行動が「すごく恥ずかしかった」と語り、「あのお父様が?」と一同を驚かせる。

 さらに、新婚の夏菜が結婚指輪に関する疑問を投げかけるほか、千鳥が突然この番組を批判し始める!?お酒を飲みながらのトークだからこそ飛び出す、他の番組では決して聞くことのできないゲストたちの本音トークが楽しめそうだ。