◆パ・リーグ 日本ハム―ロッテ(2日・札幌ドーム)  日本ハムの吉田輝星投手(20)が今季初先発で2回4安打7失点(自責2)で降板した。

初回は四球から2失点。

2回は味方のミスも重なり5失点した。

 順調に立ち上がったかに見えた。

先頭の荻野は二ゴロ。

直球も走っていたが、1死からマーティンにストレートの四球を許し、リズムが悪くなった。

中村、安田に連打を浴び、先取点を献上。

レアードの左犠飛で2点目を失った。

 2回はミスも重なった。

先頭の鳥谷を空振り三振に仕留めたが、宇佐見が後逸。

振り逃げで先頭打者を出すと、2四球で2死満塁のピンチ。

中村に左前適時打を浴びた。

左翼・浅間のバックホームを中継した野村が、一塁走者の三進を防ごうとしたが、三塁へ悪送球し一挙3失点。

安田には右越えの2ランを浴び、5失点した。

 栗山監督は吉田を諦め、3回から左腕・北浦をマウンドに送った。

4/2(金) 19:03配信 試合スコア 成績